取付事例紹介

プロテクションフィルム

プロテクションフィルム

アストンマーティン DB9GT

弊社のプロテクションフィルム施工の手順をご紹介

先ずは高圧洗浄で大きなゴミや隙間の小さなごみをも洗い流します

P1080784.jpg

そしてアワアワ噴射!

P1080788.jpg

泡で車を包み込んじゃいます
これで泡と共に油汚れが下に流れ落ちます

P1080790.jpg

続いて専用グローブと洗剤でボディーに触れさらに汚れを落とします。

P1080800.jpg

洗剤洗浄が終わったら最後に鉄粉取りです

困ったことに新車でも鉄粉は付いているんですよねぇ
(鉄粉を取っておかないとフィルムの下で鉄粉が錆びて変色の元となります)

なので専用グローブを使って見えない鉄粉と取り除いていきます

P1080802.jpg

これでやっと下処理終了です。

そして専用ブースに入庫

プロテクションフィルムは透明フィルムの為
天敵はゴミです。少しでもゴミ、ホコリが入らないように
閉ざされた空間で施工しています。

P1080965.jpg

ボンネットは面積が1番大きいので大変です
今回の施工事例はフルカバーという全面貼るものでハーフタイプもありますので
ご相談下さい。

P1090475.jpg

そしてサイドフェンダー

フィルムをきちんと位置合わせしないと仕上りにかなり影響してきます。

P1080869.jpg

フロントバンパー

こちらも横に長く非常に難易度が高い部位です。

P1080850.jpg

最後にヘッドライト

この部位は比較的他に比べると楽で価格も21000円くらいで出来ますので
リーズナブルな部位です

P1080843.jpg

これらの作業を完成することで飛び石からボディーを守り
よく太陽光が当たって見える丸い洗車傷からも守ってくれますよ!

DSC03398.jpg